映画「Noise」 映画祭デビュー!

7月19日(水)、埼玉県川口市のSKIPシティ内映像ホールにて、現在開催中のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017における、クルオクリエイターでもある松本優作監督作品・映画「Noise」公式上映が行われました。

ということで早速、取材してまいりました!!

 

SKIP国際Dシネマ映画祭ロゴSKIPシティ国際Dシネマ映画祭とは…

デジタルで撮影・制作された作品にフォーカスした国際コンペティション映画祭として埼玉県川口市にて2004年に誕生し、本年で14回目の開催。“若手映像クリエイターの登竜門”として、世界中からエンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を公募し、次代を担うクリエイターを発掘することにより、新たな映像産業の発展に寄与することを目的とする国際映画祭です。

メインとなるコンペティション部門は、長編・短編・アニメーションの3部門で構成されており、長編部門に関しては世界各国から広く公募をし、短編及びアニメーション部門は、日本のクリエイター支援を目的として国内作品限定とされています。本年は3部門合わせて世界85の国と地域から800本を超える応募があり、映画祭最終日に各賞が発表されます。

『Noise』は長編コンペディション部門にノミネート!

今回の長編コンペディション部門では、85もの国・地域から617作品の応募がありました。その中から12作品(海外作品9本・国内作品3本)が一次審査を経てノミネートしました。その12作品になんと「Noise」が選ばれたのです!

 

 

 

 

SKIP国際Dシネマ映画祭の様子の写真

SKIPシティ1階多目的ホール前には、ノミネート作品のポスターの数々が立ち並んでいます!そのなかに…Noiseポスター発見!

作品の上映日だけあって、一番目立つ位置にNoiseポスターが置かれておりました。

そして、ポスターの後ろには取材&フォトセッションスペースが完備されております。これは、多目的ホールでの上演終了後に利用されるものです。

多目的ホール前は、平日昼間かつ作品が上演中にもかかわらず、多くの方でにぎわっておりました。

国際的な映画祭だけあって、海外からいらっしゃったと思われるお客様もちらほら…。Noiseも見に来て下さるのかしら…?

 

 

SKIP国際Dシネマ映画祭の様子の写真

 

今回、映像関係者向けの「Generalパス」を利用させていただきました。このパスで実は色々な作品を観ることが出来るものの、時間がないため断念。

そんな私のような方に必見!なんと作品を見逃してしまってもDAILYNEWSが発行されています!開催日~毎日、その日に上演された映画の情報などがまとめられており、何とも素敵なニュース誌です。

埼玉新聞の号外のような冊子もあり、地元も力が入っていることが見受けられました。

 

 

 

| いよいよ「Noise」の上演へ向かいます!

映像ホールの写真と審査員の写真今回は4F映像ホールにて上演されました。観客収容はなんと325名!

収容人数が多いだけでなく、4Kデジタルシネマプロジェクターシステム、ドルビーサラウンドシステム、大型スクリーンという設備も整ったホールで、迫力の映像と音響で映画を楽しむことができるのです。

「Noise」は4K カメラを使⽤して撮影と、最新の⾼性能編集⽤PC を使い、ネイテイブ4K編集を行っておるため、このような設備で上演することにより「Noise」の描く世界をより鮮明に観ることが出来ます!

 

今回の上演は、平日夕方にもかかわらず、ホールの3分の1~半分程度お客様が来てくださいました…!(取材者目視による)

 

 

 

| 早速上演へ。審査員の方による進行で、映画が始まりました。そして、映画の上演後は監督及び主要キャストによる質疑応答に移ります!

 

「Noise」のキャストと監督による質疑応答の写真

左から布施博さん、鈴木宏侑さん、岸建太朗さん(出演・撮影監督)、仁科貴さん、安城うららさん、篠崎こころさん、松本優作監督

終始和やかな雰囲気のなか、質疑応答が進みました。特にキャスティングに関する質疑応答に関しては、意外な回答で会場がにぎわいました。

その一つとしては、「実はミスiD(アイドルオーディション・篠崎こころさんはミスiD2015賞を受賞している)のときに僕はカメラマンをやっていて、その時から印象に残っていたんです」という松本監督の回答に篠崎こころさんが「知らなかった…!」とびっくりしていたシーン。また、安城うららさんのキャスティングに関しては、「たまたま行ったライブで直感的にいい!」と思ってキャスティング依頼をしたとのこと。松本監督は“直感”でキャスティングすることが多いようです。

 

また、ベテランである布施博さんに対して「若手監督の劇場初公開映画であるこの作品にどうして出ることにしたのか?」といった質問も飛びました。「いつもなら脚本で決めるのですが、今回はマネージャーから才能のある若い監督の作品があるんだけれど、出ないかって話がありまして。僕は今役者を育てたいと思って劇団を作ったり劇場を作ったりしていますが、監督も役者も若い人がタッグを組んで、芝居も映画も盛り上げていかなければと思っています。」と布施さん。また、松本監督の撮影に関しては、「監督はうちの長男と同い年なんですが、いやあ、しつこかった。何回もやらされてね、まだやるのかってくらい」と何度も何度も芝居に妥協しない姿勢を持つ松本監督の撮影風景を笑いに変えながらお話されていました。

 

「Noiseは、一度観るだけではわからないことがあるかと思う。自分は何度も観ているが、何度観ても考えることがある。」と語る松本監督。

秋葉原の事件が起きた「トキ」と「今」を生きている時間軸と、3人の主人公のそれぞれの視点が交差して、「秋葉原」という街を取り巻く人々の生き様が垣間見える作品である。
    
劇場公開は今年の冬を予定しているものの、まだ先になってしまう・・・・・早く観たい!!そんな方に朗報です!
  

明日22日土曜日、11時よりSKIPシティ多目的ホールにて2度目の上演があります!!

この機会を是非お見逃しなく!!!

 

 

 

>>映画Noiseの記事はこちら

>>トップページ